前へ
次へ

悪い噛み合わせを治療できる歯医者

歯の噛み合わせが悪い人は歯医者で治療が受けられます。歯の噛み合わせが悪くなる原因として多いのは、上のあごと下のあごがずれている場合です。生まれつきあごがずれている場合もあれば、何らかの原因によって後天的にあごがずれることもあります。噛み合わせが悪い状態で歯を使用しているとあごに負担がかかることもあるので、噛み合わせの悪さに気づいた人は早めに歯医者で相談をしてください。食事をしている時に食べ物がうまく噛めない人も、歯医者に相談が必要です。歯の噛み合わせを治療したい患者に対し歯医者では、歯の状態をさまざまな方法で検査しています。歯の位置を確認するために採取されることがあるのは患者の歯型です。歯型を詳しく調べることで、どの歯に問題があるのか見つけることができます。歯の噛み合わせを調べるためには、あごの骨を検査することも必要です。より詳しく調べる場合には、エックス線を使用して写真を撮ることもあります。エックス線を使って撮影をすれば、あごや骨の内部の状態も分析できます。噛み合わせを調べる時には、口の中が衛生的な状態であるか調べられることもあります。噛み合わせが悪い人は特定の部分に汚れがたまっていることもあるので、こうした検査が必要になります。歯医者ではこうした検査の結果を考慮して、歯の噛み合わせが悪い原因を特定しています。上あごが前に出ていることが噛み合わせの悪さの原因となっていることもあり、人によっては下あごの方に問題があることもあります。噛み合わせの治療をするために、歯医者では患者の歯の立体的な模型を作成することもあります。歯を立体の模型で再現することにより、他の方法では見つけにくい噛み合わせの問題点を見つけることも可能です。患者の検査で採取した歯型などを使用して、歯の模型を作ることができます。噛み合わせが悪いのが子供の患者の場合には、あごが今後成長することも考慮して診療の方法が決められます。

https://www.kekkonjoho.net/

都内 自習室

横浜市での葬儀案内|グランドセレモニー

家族の美味しいをコープ生協がお届け
アレルギーを考えた食品も多数ご用意していますので、家族全員で召し上がっていただけます

Page Top